読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BizStationブログ

ビズステーション株式会社の公式ブログです。

Transactd 2.3 リリース!

Transactd 2.3 をリリースしました。
このリリースでは大きな機能追加はありませんが、アプリケーションの機能の実現や運用のために重要な細かな変更がされています。

Transactd 2.3 の新機能を紹介します。

readMore 検索

Transactdの検索クエリーは以下のいずれかの条件で終了します。

  • クエリーの条件から判断してこれ以上レコードがない。
  • 指定したレコード数に達した。
  • マッチしないレコード数が指定した数に達した。

2番目もしくは3番目の条件で終了したときは、まだそれに続くレコードを検索したい場合があります。従来は、最後に読み取ったレコードの値から再度クエリー条件を作成して検索を行う必要がありました。
readMoreを使うと、クエリーを再指定することなく同じ条件で続きから検索できます。たとえば、スマートフォンのアプリケーションなどで「もっと読む」といったリンクがありますが、これを簡単に実現することができます。
この「続き」は真に続きで、直前の検索で最後に読み取ったレコードの次のレコードから検索を行います。対して、SQLのLIMIT句とOFFSETを使用した場合では、もう一度最初から検索しOFFSET数を読み飛ばしてようやく目的の検索開始位置にたどり着きます。
readMoreは無駄な再読み取りがなく、OFFSETの使用に比べて高パフォーマンスです。

あわせて、クエリーが1~3番目のどの理由で終了したかを調べるstatReasonOfFind()メソッドも追加されました。

新しいグルーピング関数 firstとlast

recordsetのグルーピング関数に、firstlast関数が追加されました。これらの関数は、各グループの最初または最後のレコードのフィールド値をそのまま返します。
これを使用すると、非正規化されたテーブルでidなどに対する説明のフィールド(nameなど)の値をそのまま利用し、説明フィールドのためのJOINを不要にできます。
グルーピングでは、グループ化のキーフィールドと計算結果フィールドの列しかレコードセットに残りません。そこで、firstlast関数を使用して説明フィールドを残すことができます。

READ_COMMITEDでの共有ロック

トランザクション中のseekstepメソッドについて、2.2では、トランザクション分離レベルがREPEATABLE_READの場合、レコードごとに共有ロック(S)と排他ロック(X)の指定が可能でした。しかし、READ_COMMITEDでは排他ロック(X)のみで、共有ロック(S)の指定は行えませんでした。
2.3からはREAD_COMMITEDにおいてもその指定ができるようになりました。これで主要な2つのトランザクション分離レベルで、共有ロック(S)、排他ロック(X)、unlockRow()を使って、自由自在にロックをコントロールできます。
ロック競合は、書き込みパフォーマンスを悪化させる大きな要因です。細かなロック制御によってよりパフォーマンスの高いアプリケーションを作成できます。

コネクションの再接続

ネットワーク接続の再接続コマンドdatabase::reconnect()が追加されました。不意にサーバープロセスが再起動された場合でも、このメソッドによって再接続が可能になりました。再接続とともに、以下の処理も同時に行われます。

  • 開いていたテーブルの再オープン
  • カーソル位置の復元
  • レコードロックの復元

トランザクション中の切断でなければ、アプリケーションは何事も無かったかのように処理を継続できます。
ただし、現在のバージョンでは、ネットワーク接続の切断時に実行中だったトランザクションは復元されません。再度実行する必要があります。また、再接続先の変更も行えません。
将来的には、MySQLレプリケーションを使ってHA運用を行うために、接続先の自動変更、処理中トランザクションの自動再実行をサポートする予定です。

ネットワークタイムアウト

クライアントの接続タイムアウトと、送受信タイムアウトが別々に設定可能になりました。設定はクライアント側のtransactd.cnf(ini)にて行います。
デフォルトは以下の値(秒)です。

  connectTimeout = 20
  netTimeout = 180

この変更も、コネクションの再接続と併せてHAための準備になっています。Transactdは、サーバーの死活監視をクライアントライブラリが直接行う予定です。ネットワークのタイムアウト時間は、その判定においてとても重要な要素です。

まとめ

紹介した新機能に加えて、既知のバグについてはすべて修正し、より完成度を高めています。
前バージョンをご利用の方は、2.3にアップグレードすることを強くお奨めします。
詳しくはリリースノート(GitHub)をご覧ください。